2009年3月18日

等価

年明けから怒濤の制作ラッシュが続いています。
そんな話をすると、必ず、「このご時世に景気が良いね」と
茶化す人がいますが、それはお門違いな話で。

制作する行為自体は、仕事量や規模の大小に関わらず、
同じだけのクオリティが要求されます。
1枚のポスターを作るのも、
1万枚のチラシを作るのも、
要する時間やアイディアに差はありません。
その事実が全て。

毎年のことながら、色々な案件が舞い込んでくる
この時期は体力勝負ですね。

投稿者:Mat 22:33 | M | コメント(0) | トラックバック(0)

2009年3月17日

やっと、更新。

気がつけば、すでに3月も下旬へ。とうの昔に新しい年を迎えています。
新年のご挨拶もしないままに、長らくブログの更新も滞り。。。

いつもの如く、心配してご連絡いただいた方々、
すいません。大丈夫です、何とか生きてますよ(笑)
まだまだ、色々な意味で長いトンネルが続いていますが、
ようやく、薄明かりが見えてきました。

今年のテーマは、「Run to daylight」

少しでも明るい方へ、手のなる方へ。
頑張っていきたいと思います。
本年もよろしくお願いいたします。

投稿者:Mat 22:31 | M | コメント(0) | トラックバック(13)

2008年12月29日

お知らせ

株式会社オフィス・トリプルワン・セブンは、
平成20年12月30日から平成21年1月5日まで、
年末年始休暇をいただきます。
営業開始は1月6日からとなっています。

みなさまどうか良いお年を・・・

投稿者:Mat 22:01 | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

Pick Up !!

成果物のごく一部。順不同で。

toel09  coster_sousou

sousou_lunchon_1  sousou_lunchon_2

iwasaki_memoryal09_1  iwasaki_memoriai_2

ueda_greeting_1  ueda_greeting_2

ueda_ginza_1  ueda_ginza_2

yumeya_xmas09_1  yumeya_xmas09_2

iwasaki_xmas09_1  iwasaki_xmas09_2

kosaka_fusen  moe_xmas09

ueda_xmas09  nenga09_pink

1117_nenga09_1  1117_nenga09_2

投稿者:Mat 21:59 | M | コメント(0) | トラックバック(0)

本年もありがとうございました。

いつの間にか月日は流れて師走。
しかも、年末も差し迫り、新しい年を迎えるまで
あと僅かだ。

今年もたくさんのモノを作らせてもらった。
納得できたもの。
不本意ながらも通したもの。
様々ありましたが、
すべてのクライアントの方と
すべてのプロジェクトに心から感謝したい。

来年も年明け早々から
やらなければならない案件が控えている。
ひとまず、英気を養おう。

投稿者:Mat 21:46 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2008年12月26日

books08_photo

一倉 宏  鈴木康之

河野鷹思  alexey+brodovitch

pierre+mendell  emory+douglas

diane+arbus+

ことばになりたい(一倉宏)/新名作コピー読本(鈴木康之)
河野鷹思想初期作品集(川畑直道)
Alexey Brodovitch作品集/Pierre Mendell作品集
Emory Douglas作品集/Diane Arbus作品集

投稿者:Mat 21:33 | M | コメント(0) | トラックバック(448)

books08

今年もジャンルを問わず、たくさんの本を読みました。 たとえインターネットが普及しようと、 本の魅力っていうのは次元が違います。 私的にはディスプレイ越しに眺めていても、 文字は頭に入ってきません。 写真もそう。 写真は好きだけど、そのものより写真集が好き。 決して紙焼きが好きな訳ではない。 RGBより、CMYK。 手の中におさめる。 ページをめくる。 紙の質感を確認する。 こうした動作が、脳を活性化させ、 記憶の中に刻まれ易いと、何かの本で読んだ事があります。 クリックだけでは、得られない何か。 そんなこんなで、いくつか印象に残った本を何点か。 新たに購入したものもあるし、再読して良かった本も。 これも醍醐味。

投稿者:Mat 21:03 | M | コメント(0) | トラックバック(0)

2008年11月6日

とりあえず、

「とりあえず、すべてお任せします。」
一顧すると甘美な響きを持っている、そのコトバ。
恐らくクリエータの多くの方は、
こうした提案に驚喜し、うっとりとし、
これから進めていくべき私案に胸躍らすことでしょう。

ただ、個人的には実に厄介な代物となります。
もちろん、「とりあえず」に悩まされたことは数知れず。。。
それを置いておいても、もっと厄介なのは、自分が「私作品」は作れないってこと。

あくまでも発注者側からの要望を形にし、
クオリティを向上すること、また、成果物の事後反応にこそ
喜びを覚えるタイプのクリエータにとっては
「自分表現の作品づくり」が自体が苦痛になってしまいます。

本来はそうしたことも兼ね備えてナンボでしょうが、
やはり発注者の要望や要求、情報が自分にとって
最も重要なアイデアソースだと思います。
こんなマイノリティも中には存在しています。

投稿者:Mat 12:56 | M | コメント(0) | トラックバック(0)

2008年11月5日

真夜中3号

「真夜中」の3号目を購入しました。
中身はこれからですが、相変わらず
表紙だけでも素晴らしい。
思わずジャケ買いしたくなる。
最近ではそんな雑誌、なかなかお目にかかれない。

投稿者:Mat 12:52 | M | コメント(0) | トラックバック(0)

2008年11月4日

インターバル20秒

更新までに長らく時間が空いてしまいました。

最近は予定が空いたと思えば詰まり、また空くと詰まるを
繰り返しています。
感覚としては部活練習最後の100メートルダッシュ10本。
インターバルは20秒。
これが試合に活きてくる、、、ハズ。
ダッシュ10本目の時のように、
天地左右すら分からないような感覚が
降りてくるのだろうか。。。

投稿者:Mat 12:50 | M | コメント(0) | トラックバック(0)