<< 前のエントリトップページ次のエントリ >>
2008年04月17日

うずまき

今日は黒龍堂のご主人にスゴいものを見せていただいた。

前大峰の椀ものの作品です。

沈金の技法の細かさもさることながら、

しっかりとした構図とそれを活かす生地。

やはり完成度が高い。

工芸品は美術館等で鑑賞するのも良いですが、

触れてみて初めて分かることも多い。

沈金の彫りの深さや、質感など、

触感もまた素晴らしいものです。

 

mae

投稿者:Mat 21:37| M | コメント(0) | トラックバック(0)

◆この記事へのトラックバックURL:

http://control.bgstation.jp/util/tb.php?us_no=341&bl_id=327&et_id=16832

◆この記事へのコメント:

※必須